火山情報WEB

  • 研究内容
  • 論文
  • 学会発表
  • 所属学会・その他
  • 火山ってなに?
  • メンバー
  • 火山防災
  • 火山灰による健康被害
  • 霧島山新燃岳噴火関連情報
  • 防災科研による火山の観測情報

河野裕希 Yuhki Kohno

  • 契約研究員
  • 所属ユニット:地震・火山防災研究ユニット
  • 参加プロジェクト:基盤的な高精度地震火山観測研究
  • 専門分野:火山物理学

研究内容

  • GPSや水準測量による火山性地殻変動の検出と火山活動との関連性
  • 火山の構造性地震を用いた火山体下の応力場変化に関する研究
  • 相似地震を使った火山体直下の地殻構造変化に関する研究
    火山噴火前後の地下応力状態変化の検出:
     火山の噴火前にはマグマが深部から供給され、それに伴ってマグマ溜まりの圧力が増加すると考えられる。マグマ溜まりの圧力が増加すると地表にまでその圧力が伝搬し、地殻変動となって観測される。またマグマ溜まり周辺の岩盤に圧力が伝搬する影響により、応力増加の前後では周辺岩盤内で発生する地震の発生メカニズムが異なる可能性がある。さらに、深部からのマグマ供給により、例えば熱的変化の影響範囲が大きく変化すると、地震波の伝搬速度等に影響が出てくる。 平常時(噴火準備)~噴火の流れにおいて火山体下でどのような状態変化があるかを詳細に把握するため、上記のような事象を観測機器で得られたデータを解析して検出する。GPS連続(あるいはキャンペーン)観測や水準測量によって地殻変動を検出し、その変動源がマグマ溜まりに相当するとした場合にどのようにマグマ供給がおこなわれているか、その近辺で発生する火山性地震がどのような応力場で発生するか、噴火の前後で変化しているかといったことに着眼し研究を進めたいと考えている。

TOPへ

研究業績等

論文(査読あり)
  • Kohno, Y., Matsushima, T. and Shimizu, H., 2008, Pressure Sources Beneath Unzen Volcano Inferred From Geodesic Survey, J. Volcanol. Geotherm. Res., 175, 100-109.
  • Shimizu, H., Takahashi, H., Okada, T., Kanazawa, T., Iio, Y., Miyamachi, H., Matsushima, T., Ichiyamagi, M., Uchida N., Iwasaki T., Katao H., Goto K., Matsumoto S., Hirata N., Nakao S., Uehira K., Sinohara M., Yakiwara H., Kame N., Urabe T., Matsuwo N., Yamada T., Watanabe A., Nakahigashi K., Enescu B., Uchida K., Hashimoto S., Hirano S., Yagi T., Kohno Y., Ueno T., Saito M. and Hori M., 2006, Aftershock seismicity and fault structure of the 2005 West Off Fukuoka Prefecture Earthquake (M JMA 7.0) derived from urgent joint observations, Earth, Planets and Space, 58, 12, 1599-1604.
  • Nakao, S., Takahashi, H., Matsushima, T., Kohno, Y. and Ichiyanagi M., 2006, Postseismic deformation following the 2005 West Off Fukuoka Prefecture Earthquake(M7.0) derived by GPS observation, Earth, Planets and Space, 58(12), 1617-1620.
  • Takahashi, H., Matsushima, T., Kato, T., Takeuchi, A., Yamaguchi, T., Kohno, Y., Katagi, T., Fukuda, J., Hatamoto, K., Doke, R., Matsu’ura, Y. and Kasahara, M., 2005, A dense GPS observation immediately after the 2004 mid-Niigata prefecture earthquake, Earth, Planets and Space, 57, 7, 661-665.
  • Shibutani T., Iio Y., Matsumoto S., Katao H., Matsushima T., Ohmi S., Takeuchi F., Uehira K., Nishigami K., Enescu B., Hirose I., Kano Y., Kohno Y., Korenaga M., Mamada Y., Miyazawa M., Tatsumi K., Ueno T., Wada H. and Yukutake Y., 2005, Aftershock distribution of the 2004 Mid Niigata Prefecture Earthquake derived from a combined analysis of temporary online observations and permanent observations, Earth, Planets and Space, 57, 6, 545-549.
  • Takahashi H., Nakao S., Okazaki N., Koyama J., Sagiya T., Ito T., Ohya F., Sato K., Fujita Y., Hashimoto M., Hoso Y., Kato T., Iinuma T., Fukuda J., Matsushima T., Kohno Y. and Kasahara M., 2004, GPS observation of the first month of postseismic crustal deformation associated with the 2003 Tokachi-oki earthquake (M JMA 8.0), off southeastern Hokkaido, Japan, Earth, Planets and Space, 56, 3, 377-382.
論文(査読なし)
  • 河野裕希・松本聡・松島健・植平賢司・清水洋・馬越孝道,2009,雲仙火山周辺域における相対応力場と1990-1995年噴火活動,北海道大学地球物理学研究報告,72,363-371.
  • 石丸聡・田村慎・広瀬亘・村山泰司・岡崎紀俊・柴田智郎・中川光弘・吉本充宏・長谷川健・上沢真平・西本潤平・小杉安由美・松本亜希子・馬場彰・佐々木寿・高橋浩晃・一柳昌義・山口照寛・河野裕希・本多亮・笠原稔・札幌管区気象台・釧路地方気象台・網走地方気象台, 2009, 2008年11月に噴火した雌阿寒岳の調査報告, 北海道立地質研究所報告, 80, 115-126.
  • 河野裕希・松本聡・松島健・植平賢司・清水洋・馬越 孝道, 2008, 1990~1995年雲仙火山噴火前に起きた応力場の変化, 月刊地球,号外 カルデラ生成噴火−−準備過程の理解に向けて−−, 60, 85-90.
  • 中尾茂・高橋浩晃・一柳昌義・松島健・河野裕希, 2007, 福岡県西方沖地震の余効変動観測, 月刊地球, 2005年福岡県西方沖地震, 29, 2, 128-132.
  • 松島健・河野裕希, 2006, 千々石カルデラと雲仙火山の活動, 月刊地球, カルデラ--構造と活動そして現在--, 28, 2, 122-127.
  • 河野裕希・松島健・清水洋, 2005, 測地学データから推定された雲仙岳下における圧力源, 九州大学大学院理学研究院研究報告(地球惑星科学), 22,1, 29-39.

TOPへ

国際学会
  • Y. Kohno, H. Ueda, E. Fujita, T. Tanada and M. Ukawa, 2011, Stress field during dyke intrusion stage in Miyakejima Volcano 2000 eruption, International Union of Geodesy and Geopysics, 2011, 246.
国内学会
  • 河野裕希・藤田英輔・上田英樹・棚田俊收・鵜川元雄,2011,三宅島2000年噴火活動初期における応力場推定の試み,日本火山学会講演予稿集,131.
  • 藤田英輔・河野裕希・小園誠史・上田英樹・吉岡祥一・戸田則夫・菊池愛子・井田喜明,2011,有限要素法による地震・火山噴火連動性評価:2011/3/15静岡県東部地震の富士山への影響,日本火山学会講演予稿集,52.
  • 棚田俊收・上田英樹・河野裕希・藤田英輔・小園誠史・長井雅史・小澤拓・實渕哲也・鵜川元雄,2011,防災科学技術研究所基盤的火山観測網(V-net)データの流通および公開について,日本火山学会講演予稿集,151.
  • 河野裕希・小澤拓・高橋浩晃・中尾茂・岡崎紀俊・一柳昌義・及川太美夫,2010,GPS観測と干渉SARから得られた北海道雌阿寒岳2008年小規模噴火に伴った地殻変動についての考察,日本火山学会講演予稿集,105.
  • 河野裕希・小澤拓・高橋浩晃・中尾茂・岡崎紀俊・一柳昌義・及川太美夫,2010,GPSと干渉SARによる地殻変動検出結果の違いについての考察-2008年北海道雌阿寒岳小噴火での事例-,日本測地学会講演予稿集,183-184.
  • 一柳昌義・高橋浩晃・高田昌秀・山口照寛・前田宜浩・本多亮・河野裕希・岡山宗夫・青山裕・橋本武志・笠原稔,2010,石狩低地東縁断層帯における地震活動及び地下構造(序報),日本地震学会講演予稿集,198.
  • 鷺谷威・伊藤武男・高橋浩晃・三浦哲・太田雄策・加藤照之・竹内章・宮崎真一・田部井隆雄・松島健・中尾茂・棚田俊收・原田昌武・奥田隆・堀川信一郎・河野裕希,2010,日本海東縁ひずみ集中帯におけるGPS稠密観測(序報),日本地球惑星科学連合大会予稿集,SCG088-P17.
  • 上田英樹・鵜川元雄・藤田英輔・小澤拓・山本英二・松本拓己・実渕哲也・長井雅史・小園誠史・河野裕希・棚田俊収, 2010, 防災科学技術研究所による基盤的火山観測網の観測データ, 日本火山学会講演予稿集, 101.
  • 鵜川元雄・上田英樹・藤田英輔・小澤拓・山本英二・松本拓己・実渕哲也・長井雅史・小園誠史・河野裕希・棚田俊収, 2010, 防災科学技術研究所による基盤的火山観測網整備, 日本火山学会講演予稿集, 100.
  • 島本麻美・田部井隆雄・一谷祥瑞・松島健・宮崎真一・加藤照之・河野裕希・加藤佐代正, 2009, 稠密GPS観測による四国西部の地殻変動場と中央構造線の運動様式, 日本地震学会講演予稿集秋季大会, 58.
  • 田部井隆雄・島本麻美・一谷祥瑞・松島健・宮崎真一・加藤照之・河野裕希・加藤佐代正, 2009, 稠密GPS観測による四国西部の地殻変動場と中央構造線の運動様式, 日本測地学会講演会要旨集, 71-72.
  • 河野裕希・松本聡・松島健・植平賢司・馬越孝道・清水洋, 2008, 地殻変動と相対応力場から推定した雲仙火山におけるマグマ溜りモデル--有限要素法とストレステンソルインバージョン法による解析, 日本地球惑星科学連合大会予稿集, V151-018.

TOPへ

所属学会

所属学会
  • 日本火山学会
  • 日本地震学会
  • 日本測地学会
  • 米国地球物理学連合
  • 日本地球惑星科学連合

TOPへ

独立行政法人防災科学技術研究所