火山情報WEB

  • 研究内容
  • 論文
  • 学会発表
  • 所属学会・その他
  • 火山ってなに?
  • メンバー
  • 火山防災
  • 火山灰による健康被害
  • 霧島山新燃岳噴火関連情報
  • 防災科研による火山の観測情報

宮城洋介 Yousuke Miyagi

  • 契約研究員
  • 所属ユニット:地震・火山防災研究ユニット
  • 参加プロジェクト:火山活動の観測予測技術開発
  • 専門分野:測地学

研究内容

  • 合成開口レーダー(SAR)及びGPSを用いた,地震・火山活動に起因する地殻変動の観測・研究
    合成開口レーダー(SAR)を用いたリモートセンシング観測:
     人工衛星に搭載されたSARセンサーによる地表観測(リモートセンシング)の利点は,広域を一度に観測できる点,現地に観測機器を設置する必要がない点などが挙げられる。前者により,広域の地殻変動情報を高い空間分解能で得ることができ,大規模な断層運動などに伴う地殻変動を面的に把握することができる.また後者により,移動が困難な場所や危険なフィールドにおいても,定期的に地殻変動データを得ることが可能となる。2011年に噴火活動を開始した霧島山・新燃岳に対し,噴火中にも関わらず,火口内の観測及びデータの取得に成功し,火口内溶岩の発生・増加をモニタリングすることができた(図1)。また2007年4月に僻地であるソロモン諸島で発生した地震に対しては,現地観測データが少ない中,人工衛星搭載SARにより検出された広域地殻変動情報から震源断層の推定を行った(図2)。その結果プレート境界面上の未破壊領域を発見することができ,2010年に再度起こった地震に対する,中長期的な予測につなげることができた。
110127 110130 110201
図1.ALOS/PALSARの強度画像によってモニタリングされた,霧島山・新燃岳の火口内で増加する溶岩の様子.観測日は,左)2011年1月27日,中央)同年1月30日,右)同年2月1日。

TOPへ


solomon_DInSAR 断層滑り分布
図2.左)ALOS/PALSARデータを用いたDInSAR解析により得られた干渉画像(3パスの結果をモザイクした画像)。虹色の縞々が地震に伴う地殻変動を表す.右)得られた地殻変動情報から推定された断層の滑り分布。

    GPSを用いた地殻変動観測:
     防災科学技術研究所では,全国9火山(有珠山,岩手山,浅間山,草津白根山,富士山,三宅島,硫黄島,阿蘇山,霧島山)に連続GPS観測点を有し,火山活動に伴う地殻変動のモニタリングを行っている。2011年霧島山・新燃岳噴火に対しては,この観測点の他に国土地理院のGNSS連続観測システムの観測点を加えた観測網によって,噴火前の膨張,噴火に伴った収縮,噴火後の再膨張を高い時間分解能で捉えることに成功した。また,高空間分解能の上記リモートセンシングデータと組み合わせることによって,地下マグマ溜りの位置や体積変化量の推定といった,より詳細なメカニズムの把握につながる(図3)。他に,緊急観測の際に,より迅速なデータ収集のためのGPS機動観測とデータの解析も行う。
地殻変動(水平成分) ALOS/PALSAR地殻変動
図3.左)噴火前の2010年2月17日-2010年11月20日期間にGPSによって検出された地殻変動(水平成分),右)同期間にALOS/PALSARによって検出された地殻変動。

TOPへ

研究業績等

論文(査読あり)
  • 宮城洋介,小澤拓(2010),ALOS/PALSAR観測により明らかになった,2007年(M8.1),2010年(M7.1)のソロモン諸島沖地震と地震空白域の関係,測地学会誌,56,4,169-177.
  • Miyagi, Y., T. Ozawa, and M. Shimada (2009), Crustal deformation associated with an M8.1 earthquake in the Solomon Islands, detected by ALOS/PALSAR, Earth and Planetary Science Letters, 287, 385-391.
  • Miyagi, Y., J. T. Freymueller, F. Kimata, T. Sato, and D. Mann (2004), Surface deformation caused by shallow magmatic activity at Okmok volcano, Alaska, detected by GPS campaigns 2000-2002, Earth Planets Space, 56, e29-e32.
論文(査読なし)
  • Miyagi, Y., and M. Shimada (2009), Disaster monitoring using ALOS/PALSAR data, 26th ISTS Special Issue of JSASS On-Line Journal, Space Technology Japan, Vol. 7, No. ists26, pp.Tn_17-Tn_20.
  • 宮城洋介(2009),ALOS/PALSARによって観測された,アリューシャン列島・Okmok火山における2008年噴火,北海道大学地球物理学研究報告,72,353-361.
  • Miyagi, Y., M. Shimada, T. Tadono, O. Isoguchi, and M. Ohki (2008), ALOS emergency observations by JAXA for monitoring earthquakes and volcanic eruptions in 2008, proceeding of USEReST 2008.
  • 宮城洋介,島田政信,田殿武雄,磯口治,大木真人(2008),ALOSによる2008年5月12日中国四川省地震に関する災害観測,日本リモートセンシング学会誌,28,4,357-360.
  • Miyagi, Y., T. Ozawa, Y. Nishimura, and M. Shimada (2007), Ground movements associated with M8.1 earthquake in Solomon Islands on April 1, 2007, detected by ALOS/PALSAR, proceeding of ALOS PI meeting 2007.
  • Miyagi, Y., and M. Shimada (2007), Monitoring the crustal deformation caused by seismic or volcanic activities using ALOS/PALSAR data, IEICE Technical Report, 107, 2, 135-138.
  • Miyagi, Y., (2006), Rapid Inflation at Okmok volcano, Alaska, detected by GPS campaigns 2000-2003 and its source model, Ph.D. Thesis, Hokkaido University.
  • Lu, Z., and Y. Miyagi (2005), Comparison of GPS and InSAR deformation measurements at Okmok volcano, Alaska, Alaska Satellite Facility, News & Notes, 2, 3, 1-4.

TOPへ

国際学会
  • Miyagi, Y., and T. Ozawa (2011), Two Solomon Islands Earthquakes in 2007 (M8.1), 2010 (M7.1), and Seismic Gap along the Subduction Zone, Revealed by ALOS/PALSAR, EGU 2011
  • Miyagi, Y., and T. Ozawa (2010), Relationship between two Solomon Islands Earthquakes in 2007 (M8.1), 2010 (M7.1), and Seismic Gap along the Subduction Zone, Revealed by ALOS/PALSAR, AGU Fall Meeting 2010
  • Miyagi, Y. (2010), 2008 Eruption of Okmok Volcano Observed by ALOS/PALSAR, ICSANE 2010
  • Miyagi, Y., T. Ozawa, and M. Shimada (2009), Crustal Deformation Caused by an M8.1 Earthquake in the Solomon Islands, Detected by ALOS/PALSAR (poster), AGU Fall Meeting 2009
  • Miyagi, Y., T. Tadono, and M. Shimada (2009), Volcano Monitoring in Remote Location Using ALOS, ALOS PI Symposium 2009
  • Miyagi, Y., and M. Shimada (2008), ALOS Emergency Observations of 2008 Sichuan Earthquake in China (poster), AGU Fall Meeting 2008
  • Miyagi, Y., M. Shimada, T. Tadono, and M. Ohki (2008), Emergency Observation by ALOS for 2008 Iwate-Miyagi Inland Earthquake in Japan (poster), ASC&SSJ Fall Meeting 2008
  • Miyagi, Y., M. Shimada, T. Tadono, O. Isoguchi, and M. Ohki (2008), ALOS emergency observations by JAXA for monitoring earthquakes and volcanic eruptions in 2008, USEReST 2008
  • Furuya, M., and Y. Miyagi (2008), PIXEL: Japanese InSAR Community for Crustal Deformation Research, USEReST 2008
  • Miyagi, Y., T. Ozawa, and M. Shimada (2008), Crustal deformation associated with M8.1 earthquake in Solomon Islands (poster), ALOS PI Symposium 2008
  • Miyagi, Y., and M. Shimada (2008), Disaster monitoring using ALOS/PALSAR data (poster), 26th ISTS
国内学会
  • 宮城洋介(2011),ALOSによる2011年新燃岳噴火の観測,日本火山学会2011年秋季大会
  • Miyagi, Y. and T. Ozawa (2011), Relationship between two Solomon Islands Earthquakes in 2007 (M8.1) and 2010 (M7.1), revealed by ALOS/PALSAR, ISTS 20th
  • 宮城洋介(2011),ALOS/PALSARを用いた活動的火山地域(カムチャッカ,中米,インドネシア)における地殻変動観測,日本地球惑星連合2011年大会
  • 宮城洋介(2010),ALOS/PALSARによって検出された,アリューシャン列島・オクモク火山の地殻変動,日本測地学会第114回講演会
  • Miyagi, Y. (2010), Earthquake and volcano monitoring by ALOS/PALSAR and its operation, International Workshop on Progress of Research for Disaster Mitigation of Earthquake and Volcanic Eruptions in the North Pacific Region
  • 宮城洋介,小澤拓(2010),ALOS/PALSAR観測により明らかになった,2007年(M8.1),2010年(M7.2)のソロモン諸島沖地震と地震空白域の関係,日本地球惑星科学連合2010年大会
  • 宮城洋介,田殿武雄,島田政信,河野宜幸(2009),2009年サモア諸島沖地震及びスマトラ島地震に対するだいち(ALOS)による緊急観測結果,日本地震学会2009年秋季大会
  • 宮城洋介(2009),ALOS/PALSARによって観測された,アリューシャン列島オクモク火山の2008年噴火,日本地球惑星科学連合2009年大会
  • 宮城洋介,島田政信,奥山哲(2008),SIGMA-SARプロセッサを用いたSARデータの解析とその利用,日本測地学会第110回講演会
  • 宮城洋介,小澤拓,島田政信(2008),ALOS/PALSARデータを用いた2007年4月1日ソロモン諸島沖地震に関する断層モデルの推定(ポスター),日本地球惑星科学連合2008年大会
  • 宮城洋介,島田政信,田殿武雄,磯口治,大木真人,松原彰士,山崎秀人、滝澤親一,向井田明,磯野賀瑞夫,野口英行,河本佐知,大串文美,石井景子(2008),ALOS(だいち)による2008年5月中国四川省地震に関する緊急観測(ポスター),日本地球惑星科学連合2008年大会

TOPへ

所属学会・その他

所属学会
  • 日本火山学会
  • 日本地震学会
  • 日本測地学会
  • 日本地球惑星科学連合
  • 米国地球物理学連合

TOPへ

独立行政法人防災科学技術研究所