火山情報WEB

  • 研究内容
  • 論文
  • 学会発表
  • 所属学会・その他
  • 火山ってなに?
  • メンバー
  • 火山防災
  • 火山灰による健康被害
  • 霧島山新燃岳噴火関連情報
  • 防災科研による火山の観測情報

長井 雅史 Masashi Nagai

  • 特別研究員
  • 基礎研究部門
  • 火山防災研究部門

  • 基盤的研究開発センター
  • 火山研究推進センター
    地震津波火山ネットワークセンター

  • 参加プロジェクト
  • 多角的火山活動評価に関する研究
    次世代火山研究・人材育成総合プロジェクト

  • 専門分野
  • 火山地質学・火山岩石学

研究内容

  • 基盤観測網観測井ボーリングコア試料を利用した火山噴火履歴の解明(浅間山・阿蘇山ほか)
  • 地質調査に基づく火山形成史の解明と,それに立脚したマグマ供給システム発達過程の議論(箱根山・霧ヶ峰地域・北海道白滝地域・小笠原硫黄島など)
  • 噴火発生時の即応的な噴出物調査(三宅島・浅間山・霧島山・阿蘇山・草津白根山・口永良部島など)

TOPへ

研究業績等

論文(査読あり)
  • Hideki Ueda, Masashi Nagai and Toshikazu Tanada, 2018, Phreatic eruptions and deformation of Ioto Island (Iwo-jima), Japan, triggered by deep magma injection, Earth, Planets and Space, 70, https://earth-planets-space.springeropen.com/articles/10.1186/s40623-018-0811-y-https://earth-planets-space.springeropen.com/articles/10.1186/s40623-018-0811-y.
  • Yuki Suzuki, F.Maeno, M.Nagai, H.Shibutani, S.Shimizu and S.Nakada, 2018, Conduit processes during the climatic phase of the Shinmoe-dake 2011 eruption (Japan): Insights into intermittent explosive activity and transition in eruption style of andesitic magma, Journal of Volcanology and Geothermal Research, https://doi.org/10.1016/j.jvolgeores.2018.02.008-https://doi.org/10.1016/j.jvolgeores.2018.02.008.
  • Fukashi Maeno, Setsuya Nakada, Teruki Oikawa, Mitsuhiro Yoshimoto, Jiro Komori, Yoshihiro Ishizuka, Yoshihiro Takeshita, Taketo Shimano, Takayuki Kaneko and Masashi Nagai, 2016, Reconstruction of a phreatic eruption on 27 September 2014 at Ontake volcano, central Japan, based on proximal pyroclastic density current and fallout deposits, Earth Planets Space, 68, DOI 10.1186/s40623-016-0449-6-DOI 10.1186/s40623-016-0449-6.
  • Eisuke Fujita and Masashi Nagai, 2015, LavaSIM: its physical basis and applicability, Geological Society, London, Special Publications, 426, doi: 10.1144/SP426.14-doi: 10.1144/SP426.14.
  • 長井雅史・小林哲夫,2015,小笠原硫黄島の火山形成史,地学雑誌,124,65-99.
  • Tarou KANNARI, Masashi NAGAI and Shigeo SUGIHARA, 2014, The effectiveness of elemental intensity ratios for sourcing obsidian artefacts using energy dispersive x-ray fluorescence spectrometry: a case study from Japan, Methodological Issues for. Characterisation and Provenance. Studies of Obsidian in Northeast Asia. Edited by. Akira Ono. Michael D. Glascock. Yaroslav V. Kuzmin. Yoshimitsu Suda. BAR International Series, 2620, 47-66.
  • Setsuya Nakada, Masashi Nagai, Takayuki Kaneko, Yuki Suzuki, and Fukashi Maeno, 2013, The outline of the 2011 eruption at Shinmoe-dake (Kirishima), Japan, Earth Planets Space, 65, 475-488.
  • Hideki Ueda, Tomofumi Kozono, Eisuke Fujita, Yuhki Kohno, Masashi Nagai, Yousuke Miyagi, and Toshikazu Tanada, 2013, Crustal deformation associated with the 2011 Shinmoe-dake eruption as observed by tiltmeters and GPS, Earth Planets Space, 65, 517-525.
  • Yuki Suzuki, Masashi Nagai, Fukashi Maeno, Atsushi Yasuda, Natsumi Hokanishi, Taketo Shimano, Mie Ichihara, Takayuki Kaneko, and Setsuya Nakada, 2013, Precursory activity and evolution of the 2011 eruption of Shinmoe-dake in Kirishima volcano?insights from ash samples, Earth Planets Space, 65, 591-607.
  • Fukashi Maeno, Setsuya Nakada, Masashi Nagai, and Tomofumi Kozono, 2013, Ballistic ejecta and eruption condition of the vulcanian explosion of Shinmoedake volcano, Kyushu, Japan on 1 February, 2011, Earth Planets Space, 65, 609-621.
  • 前野 深・鈴木由希・中田節也・小山悦郎・金子隆之・藤井敏嗣・宮村淳一・鬼沢真也・長井雅史,2010,浅間山2009年2月2日噴火の経緯と噴出物,火山,55,147-154.
  • 杉原重夫・金成太郎・柴田 徹・長井雅史,2009,北海道、置戸安住遺跡出土黒曜石製遺物の原産地推定,旧石器研究,5,131-150.
  • S. Nakada, M. Nagai, T. Kaneko, A. Nozawa and K. Suzuki-Kamata, 2005, Chronology and products of the 2000 eruption of Miyakejima Volcano, Japan., Bulletin of Volcanology, 67, 205-218.
論文(査読なし)
  • 長井雅史・杉原重夫,2016,広原湿原地域の地形と火山地質(小野昭・島田和高・橋詰潤・吉田明弘・公文富士夫 編 長野県中部高地における先史時代人類史),明治大学黒耀石研究センター資料・報告集,1,5-22.
  • 長井雅史・中田節也・小林哲夫・藤田英輔・小園誠史・武尾 実,2013,霧島山万膳および夷守台火山観測井コア試料の岩相記載,防災科学技術研究所研究資料,374,1-49.
  • 長井雅史・宮縁育夫・三好雅也・池辺伸一郎・渡辺一徳・大倉敬宏・竹村恵二・小澤 拓・實渕哲也・鵜川元雄・棚田俊收,2013,阿蘇山一の宮および白水火山観測井コア試料の岩相記載,防災科学技術研究所研究資料,373,1-48.
  • 高橋正樹・関 慎一郎・鈴木洋美・竹本弘幸・長井雅史・金丸龍夫,2012,赤城火山噴出物の全岩化学組成―分析データ381個の総括―,日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要 第2部 地球システム科学,47,341-400.
  • 長井雅史・金成太郎・柴田徹・島田和高・杉原重夫,2012,矢出川遺跡から出土した未詳原産地製黒曜石遺物の記載岩石学・岩石化学的特徴―いわゆるNK産黒曜石の解明に向けての基礎的研究―,明治大学博物館研究報告,17,57-66.
  • 長井雅史・高橋正樹,2012,箱根ジオパーク構想で保存すべき箱根外輪山の重要露頭,日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要 第2部 地球システム科学,47,287-339.
  • 長井雅史・高橋正樹・安井真也・鵜川元雄・小園誠史・金丸龍夫・金子隆之・武尾 実・戸田よしえ・森 翔平・中田節也・安井真也・鵜川元雄・小園誠史・金丸龍夫・金子隆之・武尾 実,2012,浅間山高峰火山観測井コア試料の岩相と層序,防災科学技術研究所研究資料,366,1-30.
  • 長井雅史・荻津 達・柴田 徹・杉原重夫,2011,箱根地域産黒曜石の記載岩石学的・岩石化学的検討─黒曜石製遺物の原産地推定法に関する基礎的研究─,環境史と人類,4,67-89.
  • 長井雅史・中田節也・高橋正樹・安井真也・鵜川元雄・小園誠史・金丸龍夫・金子隆之・武尾 実,2011,浅間山鬼押出火山観測井コア試料の岩相と層序,防災科学技術研究所研究資料,357,1-32.
  • 宮地直道・長井雅史・高橋正樹・安井真也・山川修治・中山裕則・竹村貴人・遠藤邦彦・村瀬雅之・金丸龍夫・大八木英夫・杉中佑輔・前田美紀・千葉達朗・萬年一剛,2010,浅間山2009年2月2日噴火の噴出物の分布と特徴,日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要 第2部 地球システム科学,45,265-288.
  • 杉原重夫・長井雅史・柴田 徹・檀原 徹・岩野英樹,2009,霧ヶ峰・北八ヶ岳産黒曜石の記載岩石学的・岩石化学的検討とフィッション・トラック年代―黒曜石製遺物の原産地推定法に関する基礎的研究―,駿台史学,136,57-109.
  • 高橋正樹・長井雅史,2009,新しい箱根火山像―島弧・島弧衝突境界に噴出した横ずれ活断層に切られた特異な活火山―,月刊地球,31,71-76.
  • 長井雅史・嶋野岳人・杉原重夫,2008,蛍光X線分析装置による火成岩の主成分・微量成分ルーチンの作製とその評価―石器石材の産地推定に関する基礎的研究―,明治大学博物館研究報告,13,69-80.
  • 杉原重夫・長井雅史・柴田 徹,2008,伊豆諸島産黒耀石の記載岩石学的・岩石化学的検討-黒耀石製遺物の産地推定法に関する基礎的研究-,駿台史学,133,45-76.
  • 長井雅史・高橋正樹,2008,箱根火山の地質と形成史,神奈川博調査研報(自然),13,25-42.
  • K.Niihori, M. Nagai, T. Kaneko, T. Fujii, S. Nakada, M. Yoshimoto, A.Yasuda and M. Aoyagi, 2007, Detailed Stratigraphical and Geological Characteristics of Volcanic and Epiclastic Deposits Burying a Roman Villa on the Northern Flank of Mt.Vesuvius (Italy), 地震研究所彙報, 82, 119-178.
  • 長井雅史・高橋正樹,2007,箱根火山外輪山噴出物の全岩主化学組成,日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要 第2部 地球システム科学,42,71-95.
  • 長井雅史・高橋正樹・箱根団体研究グループ,2006,箱根火山南東麓の地質(その4)─溶岩類の層序と全岩化学組成─,関東の四紀,27,3-29.
  • 高橋正樹・内藤昌平・中村直子・長井雅史,2006,箱根火山前期・後期中央火口丘噴出物の全岩化学組成,日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要 第2部 地球システム科学,14,151-186.
  • 永井 匡・高橋正樹・長井雅史・平原由香・周藤賢治,2005,箱根火山岩類のSr・Nd同位体組成,日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要 第2部 地球システム科学,40,101-106.

TOPへ

口頭発表
  • 長井雅史・金成太郎・柴田 徹・弦巻賢介・杉原重夫・横田彰宏,2018,北海道白滝地域における大規模火砕噴火とカルデラ群の形成,日本地質学会第122年学術大会講演要旨,59-59.
  • 長井雅史・田島靖久・前野 深・中田節也・古園俊男・渡邉篤志,2018,霧島火山えびの高原硫黄山地域 2018 年噴火の噴出物,日本火山学会講演予稿集,7-7.
  • 長井雅史・上木賢太・寺田暁彦・外西奈津美・乾 睦子・野上健治,2017,草津白根山二軒屋及び谷沢原火山観測井の岩石コア試料の岩相と層序,日本火山学会講演予稿集,205-205.
  • 長井雅史・高橋正樹・安井真也・金丸龍夫・外西奈津美・中田節也,2017,浅間山小浅間火山観測井の岩石コア試料の層序と年代,日本火山学会講演予稿集,69-69.
  • 長井雅史・小林哲夫・三輪学央・棚田俊收・上田英樹,2016,小笠原硫黄島火山の最近の噴火活動,日本火山学会講演予稿集,157-157.
  • 長井雅史・土井宣夫・上田英樹,2016,岩手山松川火山観測施設岩石コア試料の層序と年代,日本地球惑星科学連合大会予稿集,SVC48-P05-SVC48-P05.
  • 長井雅史・上木賢太・水野勇希・田中祐樹・乾 睦子・野上健治・棚田俊收,2015,草津白根山干俣火観測施設井の岩石コア試料の層序 と年代,日本火山学会講演予稿集,113-113.
  • 長井雅史・三輪学央・萬年一剛・石塚吉浩・山﨑誠子・古川竜太・吉本充宏・常松佳恵・萬年一剛・石塚吉浩・山﨑誠子・古川竜太・吉本充宏・常松佳恵・内山 高・馬場 章・鈴木雄介,2015,箱根火山2015年噴火の火口近傍地域の観察,日本火山学会講演予稿集,42-42.
  • 長井雅史・金成太郎・弦巻賢介・柴田 徹・杉原重夫,2015,長野県霧ヶ峰地域和田峠火山岩類の地質と年代,日本地質学会第122年学術大会講演要旨,58-58.
  • 長井雅史・小林哲夫,2015,小笠原硫黄島火山の形成史,日本地球惑星科学連合大会予稿集,SVC47-P05-SVC47-P05.
  • 長井雅史・金成太郎・柴田 徹・土屋美穂・弦巻賢介・杉原重夫・八幡正弘,2014,北海道白滝地域から噴出した大規模テフラとカルデラ状盆地の形成について,日本第四紀学会講演要旨集,189-189.
  • 長井雅史・棚田俊收・上田英樹・小林哲夫,2014,小笠原硫黄島ミリオンダラーホール火口2012-2013年噴火の噴出物,日本地球惑星科学連合大会予稿集,SVC55-P13-SVC55-P13.
  • 長井雅史・大島弘光・中川光弘・吉本充宏・松本亜希子・山本英二・棚田俊收・壇原徹・岩野英樹,2013,有珠山壮瞥火山観測井コア試料の岩相と層序,日本火山学会講演予稿集,130-130.
  • 長井雅史・金成太郎・弦巻賢介・柴田 徹・杉原重夫・八幡正弘,2013,オロピリカ川火砕流堆積物:北海道北東部白滝盆地から噴出した大規模火砕流堆積物,日本地球惑星科学連合大会予稿集,S-VC53-P04-S-VC53-P04.
  • 長井雅史・中田節也・小林哲夫・小園誠史・藤田英輔・武尾 実・鵜川元雄,2012,霧島山万膳及び夷守台火山観測施設の観測井岩石コア試料のK-Ar年代,,181-181.
  • 長井雅史・戸田よしえ・森 翔平・高橋正樹・中田節也・外西奈津美・安井真也・金丸龍夫・小園誠史・鵜川元雄・金子隆之・武尾 実,2012,防災科学技術研究所が掘削した岩石コア試料に記録された浅間火山の火山活動史,日本火山学会講演予稿集,12-12.
  • 長井雅史・高橋正樹・中田節也, 安井真也, 鵜川元雄, 小園誠史, 金丸龍夫, 金子隆之, 武尾 実,2012,浅間山高峰火山観測井コア試料の岩相と層序,日本地球惑星科学連合大会予稿集,SVC53-P08-SVC53-P08.
  • 長井雅史・池辺伸一郎・宮縁育夫・三好雅也・大倉敬宏・竹村恵二・渡辺一徳,2011,阿蘇山一の宮及び白水火山観測施設の観測井岩石コア試料のK-Ar年代,日本火山学会講演予稿集,166-166.
  • 長井雅史・鵜川元雄・棚田俊收・新堀敏基・橋本明弘・鬼澤真也,2011,ゾンデによる霧島山新燃岳の噴煙観測,日本火山学会講演予稿集,16-16.
  • 長井雅史・池辺伸一郎・宮縁育夫・三好雅也・大倉敬宏・竹村恵二・渡辺一徳,2011,阿蘇山一の宮及び白水火山観測施設の観測井岩石コア試料のK-Ar年代,日本火山学会講演予稿集,166-166.
  • 鈴木由希・長井雅史・前野深・安田敦・外西奈津美・金子隆之・中田節也,2011,霧島山新燃岳2011年噴火の準備過程と推移-火山灰からの考察-,日本火山学会講演予稿集,117-117.
  • 長井雅史・金成太郎・弦巻賢介・柴田徹・杉原重夫,2011,フィッション・トラック年代に基づく北海道白滝地域の火山活動史,日本第四紀学会講演要旨集,88-89.
  • 長井雅史・中田節也・高橋正樹・安井真也・鵜川元雄・小園誠史・金丸龍夫・金子隆之・武尾 実,2011,浅間山鬼押出火山観測井コア試料の岩相と層序,日本地球惑星科学連合大会予稿集,SVC048-P05-SVC048-P05.
  • 長井雅史・杉原重夫・柴田徹・壇原徹,2010,塩嶺累層・霧ヶ峰・和田峠地域の最近110万年間の火山形成史,日本火山学会講演予稿集,116-116.
  • 長井雅史・中村守男・岸田裕一・柴田徹・金成太郎・弦巻賢介・杉原重夫,2010,鹿児島県北部における新黒曜石原産地の発見と意義―いわゆる「霧島山産」黒曜石の解明にむけて―,日本文化財科学会第27回大会研究発表要旨集,122-123.
  • 長井雅史・荒牧重雄,2010,浅間火山1783年噴火鎌原火砕流堆積物の再検討,日本地球惑星科学連合大会予稿集(CD-ROM),SVC062-P13-SVC062-P13.
  • 長井雅史・高橋正樹,2009,箱根火山外輪山の形成史,日本火山学会講演予稿集,45-45.
編集・著作
  • 日本地質学会国立公園地質リーフレット編集委員会編・(委員;高橋正樹・岩松 暉・上杉 陽・千葉達朗・長井雅史・平田大二・萬年一剛・山下浩之・由井将雄・米澤 宏),2007,国立公園地質リーフレット1 箱根火山,,1sheet.

TOPへ

所属学会・その他

所属学会
  • 日本火山学会
  • 日本地質学会
  • 日本文化財科学会

TOPへ

国立研究開発法人防災科学技術研究所