日本の火山ハザードマップ集 第2版:(研)防災科学技術研究所 研究資料第380号 2013年7月発行

日本の火山ハザードマップ集第2版(防災科学技術研究所研究資料 第380号,2013年7月発行)に収録された論文を掲載しています.

No. 論文名 著者 ファイルサイズ(MB)
- 表紙(0.4MB)・口絵(0.7MB)・目次(0.1MB)
0 はじめに 中村洋一・棚田俊收・荒牧重雄 - 1
1 大規模噴火災害への対応策・問題点 荒牧重雄 1 1
2 内閣府における火山防災の取組 藤山秀章・徳元真一・河内清高・新原俊樹 3-8 0.6
3 気象庁の火山防災業務 山里 平・舟崎 淳・高木康伸 9-15 1.1
4 航空機のための火山灰情報 白土正明 17-19 1
5 火山噴火予知連絡会と火山防災 藤井敏嗣 21-27 0.2
6 火山砂防の取り組み 山口真司 29-32 1
7 火山ハザードマップの作成に関する技術的取り組み 安養寺信夫 33-36 0.5
8 国土地理院の火山防災対応 今給黎哲郎 37-40 2.7
9 海上保安庁における海域火山観測 伊藤弘志 41-43 0.8
10 産業技術総合研究所の火山研究への取り組み 篠原宏志・石塚吉浩 45-48 0.5
11 消防庁および地方公共団体における火山災害対策 小林弘史・浦田紀子 49-50 1.2
12 雲仙普賢岳における火山防災 杉本伸一 51-55 3.5
13 2000 年有珠山噴火における火山防災マップの活用実践例-変動する大地と共生する街・人づくりをめざした北海道壮瞥町の取組- 田鍋敏也 57-60 1.5
14 2000 年三宅島噴火における活動評価,情報発信および防災対応における問題点 渡辺秀文 61-64 0.2
15 防災科学技術研究所における火山防災研究への取り組み 棚田俊收・鵜川元雄 65-68 0.4
16 日本火山学会火山防災委員会の活動からみたわが国の火山防災 中村洋一・荒牧重雄・藤田英輔 69-74 0.6
17 <付録>火山ハザードマップ集第2版 解説 堀田弥生・鈴木比奈子・澤井勝江・棚田俊收 75-88 1.3

Top pageへ戻る

背景画像:桜島と鹿児島湾奥(南日本新聞社,撮影:2013年4月22日)